News Center

 

新着情報

2019年6月4日から6月5日まで、年一回の2019上海SNEC展

閲覧回数: 日付:2019-6-21 09:05:03

201964日から65日まで、年一回の2019上海SNEC展覧会は上海新国際博覧センターにおいて期日どおりに開催され、今回の活動には、愛旭科技は一連の高効率な電池製品を持って今回の展覧会に参加し、世界ユニットメーカーに広く注目された。

展覧会期間中、即ち65日の夜、愛旭科技は上海ジュメイラ・ヒマラヤ・ホテルにおいて「2019の大勢の赴くところ、愛旭の夜、返礼パーティー」を催した。今回の宴会は合計で300人余りが共同で今回の活動に参加した。

夜会開幕し、愛旭科技代表取締役は挨拶に愛旭の近年来の運営核心を言及した、製品が絶えず革新する他、現在と将来にはいずれも世界競争力を有すサプライヤーは愛旭が生存する「革新的競争力」の一つである。一方、陳代表取締役は挨拶に「技術、品質、コスト、サービス、タイムリーな納付は顧客の基本的な要求である。天津基地の生産開始に連れて、愛旭科技の生産能力は9.2GWに達する。一方、愛旭は顧客を巡らして価値を創造し、顧客を助けて差別化の市場競争力を構築し、「効率、品質、コスト」等の重要な環節にフォーカスし、絶えず技術レベルが更に高く、コストが更に低く、持続的に顧客に価値をもたらすことができる製品を開発する」と表した。

愛旭の運営副総経理何達能氏は夜会現場で将来産業チエーンの発展勢いを共有し、その後、2019年愛旭の最新製品——166mm*166mmビッグサイズのP高効率なPERC電池も夜会現場で発布され、このモデルの製品は太陽光発電4.0時代の歩調を速め、ユニットパワーが450W以上に達することに助力する。愛旭が初めて研究開発した「両面電池両面テスト」技術と組合せ、愛旭の全ての製品は「正面効率は最大化し、裏面効率は一致化する」の要求を満足できる。

最近、晶科、晶澳、アトス、ハンファ、隆基、尚徳等トップクラスのユニット企業は相次いで400W+ユニットを発布し、166ビッグサイズの電池の助力で、技術を駆動とし、太陽光発電は更に速いスピードで4.5時代に入った。年末、愛旭生産ラインの量産平均効率は22.8%に達し、166ビッグサイズ電池及び最新のユニットパッキング技術と合わせて、ユニット効率を更に向上させ、容易に450W以上に達させる見込みである。

今年も愛旭が太陽光発電業界に進出する十年目であり、愛旭は現在既にウルトラギガワットレベルの供給効率が22.5%の高効率な電池を実現した;産業チエーン全体の電池は両面テストを行う;電池はハーフスライス、MBB技術を搭載できる。且つ2018年世界PERC電池出荷一位、2019Q1電池輸出量一位の著しい成績を収めた。将来、愛旭は引き続き顧客を助けて差別化の市場競争力を構築し、顧客に高効率な、高信頼性の、高発電量の電池を提供するのは愛旭が存在する唯一の理由である。

 

所属する類別: 会社動き

この情報のキーワード: