News Center

 

新着情報

22.5%PERC電池はトルコSOLAREXで初めて姿を現し、将来を導く!

閲覧回数: 日付:2019-4-18 09:45:34

地理位置から言えば、トルコは欧州・アジア大陸を接続する紐帯であり、近年来、エネルギー消費は急増し、太陽光発電の発展は最も迅速であり、既に韓国、ドイツに続いて三番目の高効率PERC電池需要市場になった。201944日、年一回のトルコSOLAREXエネルギー展覧会はイスタンブールにおいて開幕され、コルト本土の優秀なメーカーを除き、アジア、欧州、中東等の数多くの先進メーカーを引き付けて出展し、愛旭は高効率PERC電池リーダー企業として、量産効率が22.5%PERC電池を持って姿を現し、注目を集めた。

今回の展覧会を総合的に見ると、トルコ本土企業のSMART ENERGYSCHMIDCWENERGY等優秀なメーカーは次々と高効率なPERC方案、両面PERC方案を展示し、PRIME ENERJINUROLのような数多くのEPC企業も愛旭に両面PERC、方形単結晶等についての最善LCOE技術方案を尋ね、大勢の出展者は両面高効率方案が必ず将来の技術方向であると表した。製品研究開発への大きな投入に恵まれ、愛旭は2018年に両面電池を送り出し、且つ世界両面電池出荷量一位になった、且つ今年に再度パッケージ効率が更に高く、電気コストが更に低い方形単結晶電池を送り出し、現在は既に初のギガワットレベルの量産効率が22.5%の高効率PERC電池企業になる、ハーフスライス、MBB等技術と両立でき、パッケージ効率は更に415Wを超える、トルコ及び欧州高効率製品需要を導き、市場に更に高効率な選択をもたらす。

 

将来、愛旭は継続的に太陽エネルギー電池製造分野に取り組み、ずっと顧客を中心にし、品質が一番大切である理念を堅持し、技術と業務のグローバル化経営とレイアウトを強め、引き続き製品研究開発への投入を増加し、高度な職業道徳を堅持し且つ革新を実施するのは企業の要である原則の下で、長期にわたる有効な成長を追求し、持続可能な発展を堅持し、長期の刻苦奮闘を保ち、顧客期待を超える商業価値を創造する。

所属する類別: 会社動き

この情報のキーワード: