News Center

 

新着情報

22.5%!愛旭電池量産効率は再び新記録を立て

閲覧回数: 日付:2019-4-18 09:05:28

効率が高く、信頼性が高く、発電量が高いことは愛旭が製品に対する要求である。率先してフルスコアのペースメーカー高効率(21.8%)電池スライスの量産に引き続き、愛旭はまたPERC電池の量産効率を22.5%まで向上させた!初のギガワットレベルの効率22.5%の一面/両面高効率PERC電池を供給するメーカーになった!

現在、愛旭22.5%効率の電池製品は60ピースの版型ユニットをパッケージして効率が345Wに達し、72ピースの版型ユニットをバッケージして効率が415Wに達することができる!第三ロットの応用ペースメーカーのフルスコア要求(310W/370W)を11%以上を上回り、技術ペースメーカーのフルスコア要求を(335W3%上回る!

 

効率の向上は愛旭の専念及び革新精神と深い関係があり、愛旭は太陽エネルギー電池スライス分野に取り込み、革新を堅持し、深く研究し、長期的な実験を実施することで、最も太陽光発電現状に相応しい高効率なPERC電池を開発し出し、高精度の生産設備を使用し、最も合理的な電池図形及び最も成熟した工芸を利用して方形単結晶電池を製造し、量産効率を絶えず向上しせ、ユニットパッケージ効率の最大化を実現する。

 

基準価格でのグリッド接続の近づきに連れて、太陽光発電業界の需要はLCOEを本当に低減できる高効率な製品に集中する。計算によると、愛旭の22.5%の高効率な電池を以てパッケージする415Wユニット効率20.6%ユニットは、常規375Wユニット効率19.3%ユニットと比べて、ユニット効率が1%向上し、太陽光発電システム価格が5%-7%低下し、愛旭製品の今回の効率突破は、現在の太陽光発電業界にとって最も重要であり、2019年は太陽光発電が手当を抜きにして基準価格でグリッドと接続するターニングポイントであり、愛旭高効率製品は業界を更に速く基準価格目標実現を推進する鋭利な武器である。

 

 

所属する類別: 会社動き

この情報のキーワード: