News Center

 

新着情報

2017H1国内出荷TOP10発表広東愛康の取引先が業界トップに立つ

作者:Aikosolar閲覧回数: 日付:2017-10-23 12:00:56

2017911日、有名な太陽光発電専門メディアPV InfoLinkは、2017年上期国内出荷TOP10ランキングを発表した。このランキングでは、1位から9位まではすべて広東愛康の取引先であり、晶科は国内出荷実績2.19GWで国内シェア1位を達成した。隆基楽葉も猛烈な勢いで、晶科と肩を並べるように、出荷量が2.1GWを超えた。集成およびトリナソーラーは約1.8-1.9GWの間にあり、両者ともに3位にランクされた。晶澳、尚德、英利、阿特斯、東方日昇等の企業は出荷量が全て1GWを超え、軽視できない実力を持っている。

PV InfoLinkはアジアを中心に調査を行うコンサルティング会社であり、過去、PV産業で豊富な経験を積み重ねてきたアナリストから構成され、太陽光発電製品の価格追跡、世界における太陽光発電の供給・需要のデータベースの構築、市場調査分析報告出版及び個別に提供するコンサルティングサービスを含めた最も適時な市場情報を提供し、最適な価格追跡と深い市場調査分析報告により、アジア市場で有名になった。

上記した広東愛康の取引先が上期に素晴らしい成績を収められて、おめでとうございます。PV InfoLinkの予測によると、20179月から、国内の分散型太陽光発電の電気料金を調整するタイミングは、今後の市場需要にとって最大な不確定要素となる。201811日、国内の分散型太陽光発電の電気料金が下がるように調整されたら、現在弱まっている内需が直ちにリバウンドすることになる可能性があり、分散型の市場がもっと熱くなることに加え、「先駆者プロジェクト」の影響を受けて、2017年第4四半期では設置ブームがまた到来することになるだろう。そのため、広東愛康の取引先は2017年下期にもっとすぐれた実績を達成すると予測されている。

晶科、隆基楽葉、集成、トリナソーラー、晶澳、尚德、英利、阿特斯、方日昇など、国内出荷量がトップに立つ太陽光発電モジュールのメーカーは、長年にわたり、広東愛康を認めて支援している。広東愛康も今までのサービス意識を保ち続け、更に高品質で高効率な製品を元に、取引先とともに発展成長し、希望以上の商業的価値を取引先にもたらしていく。

所属する類別: 会社動き

この情報のキーワード: