News Center

 

新着情報

広東愛康、インド再生可能エネルギー展示会に登場

作者:Aikosolar閲覧回数: 日付:2017-10-23 11:25:21

展示会紹介

インドは日射量が豊富で、太陽光発電の潜在力が巨大であるが、インフラ整備が不十分などの原因により、資源不足の問題にも直面している。2014年以来、インド政府は太陽エネルギーをエネルギー供給の「ファイナルソリューション」と見なし、将来の目標として、2022年に100GWの太陽光発電設置を見込んでいる。市場需要と政府に牽引され、インドの太陽光発電市場はすでに世界的で注目されるように成長してきた。

インドの太陽光発電業界の発展に伴い、インド再生可能エネルギー展示会はすでに南アジア最大規模の国際再生可能エネルギー専門展示会に発展してきた。2017年、インド国際再生可能エネルギー展示会はインドのニューデリーで開催され、この展示会はインド政府および各分野の人々からの強い支援を得て、出展させるように多数の国や地域から有名な企業を引き付け、アジア太陽光発電市場の発展を更に一歩促進することになる。

広東愛康太陽エネルギー科技有限会社およびその傘下にある100%出資子会社——浙江愛旭太陽能科技有限会社は、国際的な競争力を有する世界一流の企業を目指して、世界的成長に向けて、海外市場の開拓や海外市場への投入を強めている。インドの太陽光発電市場が有する巨大な潜在力は、広東愛康の関心を引き付け、インド市場を更に開拓し、世界市場での取り組みを最適化することも広東愛康が将来の発展を計画するときの傾向になる。今度のインド再生可能エネルギー展示会は、広東愛康は必ず成し遂げると決心し、その強い実力、革新的な製品とブランドの利点を全面的に示していく。

ブース紹介

開催日時:2017920-22

開催場所:インドニューデリーノイダ展示センター

ブース番号:10号館121

 

出展品紹介

広東愛康太陽エネルギー科技有限会社は、専門的な結晶シリコン太陽電池セルのメーカーとして、新しい製品をつれて、インド再生可能エネルギー展示会に登場していく。更に効率の高い、更にコストの低い、更に発電量の多い製品を顧客に提供し、高効率PERCセルをインド市場ないし全PV業界に押広め、インド市場での低効率製品の世代交代を導くために、一般的な単結晶、多結晶セル以外に、高効率PERC単面と両面発電セルを推奨する。

浙江愛旭太陽能科技有限会社の8GW高効率PERC電池の量産基地が徐々に建設されることに伴い、広東愛康は効率向上、コスト削減とグリッドパリティを実現するために一番協力な支援を提供していく。

単結晶5BB PERC 太陽電池セル

型式:6M2B514F1

サイズ:156.75mm*156.75mm±0.25mm(直径210mm±0.25mm

厚さ:200μm±20μm

正面エミッター電極:二酸化ケイ素に青い窒化ケイ素反射防止複合フィルム(PID Free);ブスバーの幅が0.7±0.1mm、ブスバーの両端部分に透かし彫りあり;ブスバーと平行に並ぶ背骨形シルバーフィンガー

裏面不導体化電極:酸化アルミニウム・窒化ケイ素複合層。アルミニウム裏面電界が部分的接触、4段式1.75±0.10mmシルバー電極;シルバー電極ごとの両端に窒化ケイ素が露出する。

 

単結晶5BB PERC 太陽電池セル

型式:6M2C514F1

サイズ:156.75mm*156.75mm±0.25mm(直径210mm±0.25mm

厚さ:200μm±20μm

正面エミッター電極:二酸化ケイ素に青い窒化ケイ素反射防止複合フィルム(PID Free);ブスバーの幅が0.7±0.1mm、ブスバーの両端部分に透かし彫りあり;ブスバーと平行に並ぶ背骨形シルバーフィンガー

裏面不導体化電極:酸化アルミニウム・窒化ケイ素複合層;裏面複合型ブスバーは幅2.9±0.10mmのアルミニウム電極とアルミニウム電極に嵌め込まれる4段式で幅1.75±0.10mmのシルバー電極から構成され、シルバー電極ごとの両端に窒化ケイ素が露出する;裏面フィンガーは裏面ブスバーと垂直になるアルミニウムゲートから構成される。

企業紹介

広東愛康太陽能科技有限会社は2009年に設立され、結晶シリコン太陽電池の研究、製造、販売、サービスに専ら従事するハイテク企業である。会社は世界最大の太陽電池製造企業の一つとして、総投資額が40億元を超え、2017年末に高効率PERC太陽電池の生産能力が4.3GWに達し、そのうち、広東佛山基地の生産能力が1.65GW、浙江基地が2.65GWになる。会社には、省レベル企業技術センター、省レベル企業重点実験室、省レベルエンジニアリングセンターと数百件の特許を有して、「更に効率の高い、更にコストの低い、更に発電量の多い」製品を顧客に提供し続け、世界ランク1位から10位までの結晶シリコンモジュール業者に大好評されている。

広東愛康は「太陽エネルギーを最も経済的なクリーンエネルギーにする」という使命に基づき、「顧客の期待以上の商業的価値——品質、技術、コストを創出する」目標を絶えず追及し、世界初の両面試験高効率PERC電池製品を作り出し、信頼性が高くて、高品質且つ高高率なクリーンエネルギー製品を社会に提供している。

今度、インド太陽光発電製品展示会に参加することで、広東愛康が製品の研究開発、市場開拓、品質管理などの面において、国際水準に近づけるように促進することができる。将来、更に広い太陽光発電世界市場に向け、広東愛康は顧客ニーズに応じて、顧客の価値向上をめぐって技術、製品、ソリューションの継続的な革新を行い、先端的な技術を顧客の競争優位性と商業的成功に転換させ続けていく。

所属する類別: 会社動き

この情報のキーワード: