News Center

 

新着情報

アイコソーラー、パーク単結晶5BBセルが信頼性試験に合格

閲覧回数: 日付:2017-8-23 15:14:47

    アイコソーラーは高効率の太陽電池の研究開発、製造、販売とサービスを提供する専門セルメーカーです。製品の中にパーク単結晶5BBセルが2017年6月に大手モジュールメーカーのトリナーソーラーの太陽光製品試験センターにての±1000V PIDテストと出力劣化試験に合格しました。

    トリナーソーラーの太陽光製品試験センターは中国の国家CNAS試験室に認められまして、システム試験のカテゴリにて国家レベルの評価機構の認定を得ました。該当試験センターにての試験データが正確性、信頼性と公平性を保障されます。アイコソーラーのパーク単結晶5BBセルがトリナーソーラーの信頼性と出力劣化試験に合格することによって、アイコソーラーのパークセルの優れた設計と品質が見られました。アイコソーラーはこれからこの優位を生かしまして高効率のパークセルを市場にさらに広げますように努力します。

    今までパークセルが大量に生産と普及できないことは主に三つの原因によって制限されております。まずは複雑な工程ルート、そして比較的にまだ成熟していない生産設備、最後はパークセル自身が既存のセル製品に対して製品面の信頼性がまだ安定していないことです。この三つの原因によりましてパークセルが最終的にソーラーシステムまでに使われていますが、著しい優位が見られていないことになってしまいました。その上にパークセルとパークセルに使われるモジュール製品の歩留まりはまだよろしくないため、コスト面が抑えられないことになってしまいます。

    上記の背景の下に、アイコソーラーはLID対策に突破口を開きまして、Cz法-ボーロンウェハの基礎を基づいて、パーク単結晶セルの20 kWh LIDの試験条件にて光劣化を1.5 %以内にコントロールできまして、そしてハイドロジョンパシベーションを量産化に導入することを成功しました。

    アイコソーラーは2017年度Q3までパークセルの生産キャパが1.65GWまで達成しまして、現時点のパークセルの変換効率も21.5%を超えましたことで、60直モジュールなら300ワットの出力が達成できています。そしてパーク単結晶の両面タイプセルなら正面の転換効率が21.5%以上になる上に、裏面の変換効率も15%を超えております。この両面タイプのセルを使った60直のダブルガラスのモジュールレベルの平均効率が20%を超えまして、出力が360Wまでできます。

    アイコソーラーの8GWのパーク専門新規工場はアイコソーラーの優れた技術を継ぎまして、継続的に高効率の片面と両面パークセルに貢献し、技術の創新を続け、さらに高効率と高品質なパークセルを生産、顧客様のご期待を超えまし商品を差し上げます。

所属する類別: 会社動き

この情報のキーワード: