•  Aiko
    imgboxbg

    技術

    先端技術

    ABOUT GERUISI

    カテゴリ一覧
    /
    先端技術
     Aiko

    職業

    Aiko Solarは太陽光発電にとって最も核心的なセグメントである太陽セルの研究開発と製造に注目し、お客様へのより高効率且つ信頼性が高く、競争力を有するセル製品の提供に注力しております。

     Aiko

    革新

    Aiko Solarは革新を会社の生命線とし、研究開発チームの継続的で綿密な研究、全方の特許の配置、大量の技術の備蓄により、セル技術方面におけるリーディング•カンパニーとしての地位を継続的に確保しています。

     Aiko

    前向きな

    Aiko Solarは前衛的な判断力により革新的な研究を行い、且つ管状PECVDを採用したPERCセルの製造により業界内で最も早くPERCセルの量産を実現した企業の一社です。

     

    2つの高度なテクノロジー

    2つの高度なテクノロジー

     Aiko

    管状両面PERC技術

    Aiko Solarは革新的な管状PECVDを利用したPERCセル製造により、管状PECVD装置のプロセス制御上の問題を解決し、管状PERC片面/両面セルの量産を実現しました。その他のPERC技術に比べ、管状PERC技術は変換効率、析出温度、パッシベーション膜密度、PID抵抗などの面における利点が顕著です。同一設備で酸化アルミニウム膜と窒化シリコン膜の堆積を完了させることができ、酸化アルミニウム、二酸化ケイ素、窒化ケイ素、炭化ケイ素等の異なるフィルム層のフレキシブルな組み合わせが可能となりました。また、独自のコアパッシベーションプロセスの採用により、調整可能な裏面パッシベーション膜が優れたPID耐性を獲得しています。 

    アイコソーラーの管状PERC技術により製造された両面PERCセルの85℃/ 85RH、±1500V、192hの試験条件下におけるPID減衰は3%未満、国家太陽光発電製品品質監督検査センターのPID耐性試験に合格(No.:2018DMWA01158)しており、この試験に合格した世界初の両面PERCセルを使ったモジュールとなりました。

    両面受光 両面測定 両面ランク分け

    Aiko Solarは両面セルの「両面受光 両面測定 両面ランク分け」技術を世界で初めて開発し、両面に同時に光を当てることにより試験過程においてそれぞれのセルの両面試験を同時に完了させることができ、両面測定設備には表面及び裏面のいずれにも独立した光源を用いることにより相互干渉を回避しています。3A +光源が自然環境を正確にシミュレートするため、試験データは実際の発電状況により近いものとなります。また、両面セルは表面0.1%、裏面0.5%の等級分類によりセルの表面効率の最大化と裏面効率の一貫性を追求し、クライアントとのシステム不適合性を減少させ、信頼性リスクを低減し、モジュールの発電収益性を向上させています。オーナー、EPCに異なる地形における異なる反射率、異なる環境とシーンに基づくDC/AC比率参考データを提供することができるため、両面インバータの容量と仕様を正確に選択し、且つ表面と裏面の発電量を正確に予測し、発電所のIRRの正確な分析及び計画と設計に必要な根拠とすることが可能となり、これにより太陽光発電業界のコストの削減を一層促進します。

     Aiko

    オンラインで検索

    搜索
    検索

    業界をリードするPERCセル製造技術と生産および供給能力を備え、PERCセルの世界の主要サプライヤーの1つです。

    製品センター

     

     

    210mm PERC電池

    182mm PERC電池

    166mm PERC電池

     

     

     

    私たちに関しては

     

     

    会社概要
    開発パス

    企業文化

    名誉

     

     

     

    お問い合わせ

     

    電話 : +86-0579-85498866

    メール : sales@aikosolar.com

    住所:浙江省義烏市蘇溪鎮好派路699号

    WeChat公式アカウント

     Aiko

    著作権©2020 Aikosolar共有すべての権利予約  粤ICP备13073420号  ウェブサイトの構築:中国企業力仏山